専門病院で治療を受ける【脳梗塞で麻痺が起こる仕組み】

ほかの臓器へ移動

看護師

再発の治療方法

癌の手術をしたとしても、癌細胞を取り切れない場合があり、ほかの臓器に転移してしまうことがあります。癌細胞は、血液やリンパ腺などを通って脳や肺などに転移します。癌が再発した場合の治療方法ですが、転移先の癌細胞の状態を知るために、細胞の大きさや広がりなどに関する検査が行われます。検査の結果が出たら、担当医からくわしい説明があります。転移先の癌の状態を知って、薬物療法や放射線療法などの治療方法が決まります。転移した臓器によっては、放射線療法が行えない場所があるようです。その場合は、薬物療法のみの治療が選択されます。治療方法は、患者さんの体力や気力なども関係しています。患者さんに十分な体力がないと、手術などは見送られることがあります。がんの進行のスピードにはレベルがあり、進行が遅い場合は十分な治療が行えますけど、スピードが早い場合は治療を急ぐ必要が出てくるでしょう。高齢の患者さんになれば体力がないかもしれませんし、体調が悪かったり精神的にダメージを受けていたりすれば、満足のゆく治療を受けられないこともあります。また、患者さんが若くても、癌の転移のスピードが早ければ、治療が難しいこともあるようです。癌の治療には、副作用が出ることもありますから、飲む薬の量や身体に受ける放射線の量などを加減しながら、できるだけ副作用が出ないような治療方法が選択されます。それぞれの患者さんの容体を見ながら、最適な治療が進められることになるでしょう。