専門病院で治療を受ける【脳梗塞で麻痺が起こる仕組み】

転院もできる

医者

いくつかの病院を受診する

癌は治療法が一昔前に比べると進化してきているものの、それでもまだまだ怖い病気ではあります。早期発見によって早期治療が成功したとしても、数年経って検査を受けたら転移していたということもあるのです。癌は一度の治療で完治するわけではありません。その後も転移の影に怯えながら生きる人もたくさんいます。そこで、癌の転移が気になる場合には、いくつか病院で検査を受けてみるのもいいかもしれません。一つの病院に限ってしまうと検査ミスが起こることもあります。複数の病院で検査を受けた方が見逃した癌の転移を見つけられることもあるはずです。また、初回に治療をした病院では不安が生じた場合なども、セカンドオピニオンを選択してみるといいでしょう。病院選びは患者が自由に行なえます。医者や看護師との信頼関係が必要なので、少しでも不審点がある場合には思い切って転院してみるのもいいかもしれません。ただし、勝手に転院することはできないので、その点はスムーズに話し合えるように工夫しましょう。これまでの治療歴やカルテなど、転院先に渡してもらう必要があるからです。それから、転移してしまった場合には二度目三度目の治療ということで、患者自身はナーバスになってしまうことがあります。さすがに今回はダメだろうと諦めてしまう人もいるのです。しかし、病は気からという言葉もあるとおり、精神的にまいっていると治るものも治らなくなってしまいます。患者が安心して治療を受けられるような病院を探しましょう。