専門病院で治療を受ける【脳梗塞で麻痺が起こる仕組み】

高齢化社会の進展

看護師

完治治療の実施

日本人は平均寿命は着実に延びていて、男性も女性も世界有数の長寿国になっています。高齢者の増加に従って癌で死亡する人の増加が顕著となっており、死亡原因の第一位となっています。癌は手術や治療で一旦治ったと思われても転移することによって再発するケースが散見されています。従来は癌といえば患部を手術で摘出するのが一般的で、転移を防ぐためには周辺のリンパ節も除去する必要がありました。大腸や肺の癌が特に一旦手術しても転移する症例が多くなっています。転移を防ぐためには定期的に医師の診断を受診することが重要ですが、手術後に一定期間は抗がん治療を行うことも重要です。癌は遺伝子の影響で出現することが多いため、遺伝性を考慮する必要があり、親族に癌患者が多い場合には事前に診察を受けることを習慣化する必要があります。最近の医学の進歩には目を見張るものがありますので、早期発見をすることができれば不治の病ではなくなっております。癌は部位によっては発見がしにくい場合もありますが、血液によって発見できる症例が増加しておりますので、発見される確率も改善しています。癌はリンパを通して転移するわけですから患部の周辺のリンパ節を除去すれば防げるわけですが、必ずしも確実といえるわけではありません。癌の再発を防ぐためには定期的な抗がん剤治療が必要な場合も少なくありませんし、化学療法や放射線療法を行うことも転移を防ぐうえで必要な措置になっています。