専門病院で治療を受ける【脳梗塞で麻痺が起こる仕組み】

看護師

高齢化社会の進展

高齢化の進展によって癌で死亡する人の数が顕著に増加しており、日本人の死亡原因の第一位となっています。癌は手術で患部を除去しても転移するケースが散見されますので、定期的な検査や抗がん剤の使用、化学療法や放射線治療を活用することも必要です。

詳しく見る

リハビリは専門病院で

男女

理学療法や作業療法など

脳梗塞で恐ろしいのは神経が麻痺してしまい肢体不自由になってしまう事です。特に手足や言葉の麻痺は普段の生活への直接の影響が大きいので脳梗塞の後遺症の中でも大きな問題です。脳梗塞で麻痺が起こる仕組みは、脳の血管が詰まる事でその先に血液が送られず細胞が死滅してしまう事によって生じます。神経が切断されているわけではないので、脳細胞が正常に戻ればいいのですが、残念ながら脳細胞が復活することはないといわれています。しかしリハビリを行うことによって、それまでとは違う脳細胞が体の動きを補う動きをしたり、まだ動く筋肉を上手に使って何とか動作を取り戻すようにすることは出来ます。こうしたリハビリは自力ではなかなか難しいので、専門病院の受診が欠かせません。理学療法や作業療法などがそれで、医師や看護師とはまた別に療法士と呼ばれるリハビリの専門家が脳梗塞の麻痺改善のためのプログラムを組んでくれます。このようなリハビリプログラムは独自で依頼するとかなり高額になってしまいますが、大抵の場合には保険適用が受けられますので、高額医療給付となり最大でも月数万円の負担で済みます。更に脳梗塞によって負った麻痺の程度によっては、障碍者に認定される場合もありますので、そうなればより負担は軽くなります。リハビリによってある程度の機能の回復が出来れば、生活の質はぐんと高まりますし、リハビリを行うことで身体能力の低下を防ぐことも出来ますので、脳梗塞による麻痺がある場合には積極的にリハビリを行うべきです。

医師

脳へのダメージ

脳梗塞の後遺症による麻痺で、身体の一部を動かせないことや、細かい動作ができず、動きのコントロールができない運動機能の低下が起きます。感覚障害も起き、熱さや冷たさ、痛みを感じないので、やけどやケガにも注意しなくてはいけません。リハビリで、ある程度、機能の回復を望めますが、発症前の状態に戻ることは難しいです。

詳しく見る

看護師

ほかの臓器へ移動

癌が怖いのは、転移があるからだと言われています。癌細胞は、血液やリンパ腺を通ってほかの臓器へ移動します。転移先は不明で、肺だったり、大腸だったりします。癌が再発した場合の治療方法についてご説明します。

詳しく見る

医師

期間が決められている

脳梗塞になると麻痺が残るときが多いので、それを解消するためにリハビリを行います。病院でのリハビリには期限の上限があるため、リハビリ完了前に退院しないといけないときもあります。別途脳の病気の人用のリハビリセンターなどを利用もできます。

詳しく見る

医者

転院もできる

癌は早期発見による早期治療で完治したと思っても、後々、転移していることがあります。そんな時のためにも複数の病院で検査を受けてみましょう。癌の転移を見逃さないためには信頼できる病院への転院も時には必要です。

詳しく見る